不動産経営の成功への進め方

不動産経営を成功させる進め方

不動産経営の資金調達は重要

不動産経営を成功させるためにはリスク管理を正しく行う必要があります。不動産経営の難しさは、物件を取得してから10年後、20年後と時系列で変わる状況に合わせることが難しいです。物件購入資金が潤沢にあり、借入無しで設備投資をすれば、経営開始から利益が出ますが、融資に頼ると経営開始後から返済の負担が求められます。返済金には利子が付加されます。大きな資金を借りると利子の負担は大きくなります。不動産経営の上手な進め方として、できるだけ融資額を少なくすることです。不動産経営が投資と考えると、投資金額が大きく成ればリスクも高くなります。投資金額が少なければリスクを低くできます。マンションなどの大きな物件を貸す場合、ある程度の融資を受ける必要があるでしょう。ただ、投資金額が多いと設備投資としては十分なものとなります。また、稼働率を高めるために保証制度を活用したり、お値打ちな家賃設定にするなど、空室ができにくい工夫も必要です。上手な経営の進め方は大きな投資をする場合は少ないリターンにすることです。不動産経営を成功させるには少なくても安定したリターンを得る経営の進め方とすることです。マンションの平均的な建て替え年数は37年と言われています。10年後、20年後に建て替えや売却を考えることもあるでしょう。物件購入から売却までの長期で投資を考えてプラスになる進め方でなければ成功とは言えないでしょう。

不動産経営の深い情報

↑PAGE TOP