• トップ /
  • 分譲マンションのリフォーム事情

リフォームと管理規約

分譲マンションのリフォーム事情

分譲マンションのリフォームとは

分譲マンションはリフォームを自由に行える特徴があります。ただし注意が必要なのは、管理規約で工事に関する細かな決まりが定められているということです。例えば老朽化した配管を交換できるか否かを、管理規約で定めていることがあります。マンションは区分所有者となるために、オーナーが自由にリフォームできるとは限りません。配管の交換が出来なければ、ライニング処理などで対応することになります。さらにリノベーションによって間取り変更もしたいと思うのであれば、分譲マンションがスケルトン状態にまで室内を解体できるかチェックする必要があります。配管の位置などを変えることができなければ、水周りの位置変更ができません。特に中古の分譲マンションを購入する場合には、設計や管理規約をしっかりと確認する必要があります。さらに専有部分に関しては自由にリフォームできますが、共有部分は変えることができない点にも注意が必要です。例えば玄関のドアやサッシ、ベランダはマンションの共有部分となるので知っておかなければなりません。また建物自体の外壁などは管理組合でメンテナンスを管理しています。室内をいくら綺麗にしても、建物自体の管理がきちんとされていなければ意味がありません。

バックナンバー

マンションの基礎情報

↑PAGE TOP